“浜名湖の恵み”探検隊(2泊3日の旅)のテーマ

活動のポイント・・・
  1. 1. お父さんお母さんの元をはなれて出かける“冒険の旅”
  2. 2. 体験活動をとおして浜名湖の自然や文化を知る“学習の旅”
  3. 3. はじめて会う仲間たちと3日間の生活を共にする“協力の旅”
活動のねらい・・・

子どもたち同士で過ごす3日間の生活体験、浜名湖ならではの自然や文化を知ることを通して、参加者ひとりひとりの成長のお手伝いをしたいと考えています。

花王株式会社のCSR活動として、そうじを通した子供の生活力育成を支援。年末大そうじキャンペーンの一環として実施しました。
「企業のイメージUP を図る」「キャンペーンを通じて子どもの健全育成を支援する」

具体的な活動内容(プログラム)

活動1: アマモ場の見学〈1日目〉

アマモ場は小さな生き物たちの隠れ家、小魚たちのエサ場、
水をきれいにしてくれるフィルター。
海のゆりかごとして大切な場所です。
ガイドの人の案内で浜名湖の生き物を観察してみましょう!

活動2: 湖の清掃活動(そうじ)&漂着物の観察〈2日目&3日目、朝〉

早起きをして、湖畔の砂浜の大そうじに出かけよう!
どんなものが流れ着いているかな?
何が落ちているかな?
そうじと観察をしながら、自分たちの暮らしとの
関わりについても考えてみよう!

活動3: 海苔養殖の見学と海苔すき体験&いかり瀬の探険〈2日目〉

自分の手を使って海苔を摘み取ります。
その後、手すきの板海苔作り。さらにすき終えた一枚一枚
を天日干し。どんな出来上がりになるのか?
どんな味がするのか?お楽しみに!
午前中は浜名湖の無人島いかり瀬を探険しましょう!

活動4: グループごとに協力して昼ごはん作り〈3日目〉

3 日目を迎えると、各グループのチームワーク(協力体制)もでき上がっていることでしょう!
各グループごとに協力して、浜名湖の“海の恵み”をいただいて昼ごはんを作りましょう。
下準備をする人、調理をする人、あとかたづけをする人など、
グループ内で役割分担をして、美味しい昼ごはんを召しあがれ!

3日間のスケジュール

1日目: 共にすごす仲間と交流を深めよう!

09:00 頃 各地を出発 (JR を利用します)
12:30 頃 浜名湖、弁天島に到着
昼ごはん 旅館の食堂にて全員の顔合わせ
13:30 はじまりの会
交流タイム 浜名湖畔を散歩したり、3日間をいっしょに過ごす仲間と
親睦をふかめるゲームをしたりします。
活動―1、アマモ場の見学
入浴(おふろ)
18:00 夕ごはん
19:00 浜名湖の自然について事前学習
20:30 日記の記入&はみがき後、就寝 おやすみなさい・・・

2日目: 湖と私たちの暮らしの関わりについて考えてみよう!

おはよう!
06:30
活動―2 湖岸の清掃活動(そうじ)&漂着物の観察
07:30 朝ごはん
09:00 活動―3 無人島いかり瀬の探険
12:00 途中、昼ごはん
活動―4 海苔養殖見学と海苔すき体験
16:00 入浴(おふろ)
18:00 夕ごはん
19:00 ナイトプログラム(グループ対抗クイズ&ゲーム)
20:30 日記の記入&はみがき後

3日目: 協力しておいしいごはんをつくろう!

おはよう!
06:30
活動―5 湖岸の清掃活動(そうじ)&漂着物の観察
07:30 朝ごはん
09:00 活動―6 水族館ウオット見学&昼ごはん作り
12:00 昼ごはん
13:00 閉会のセレモニー
14:00 浜名湖、弁天島を出発
17:00頃 各地到着、さようなら。

実施の概要

旅行日 2009年3月春休み期間の2泊3日間
行き先

静岡県浜松市 浜名湖畔

※浜名湖は静岡県の西部にあり、浜松市、湖西市、新居町にまたがる湖です。湖の一部が海(遠州灘)につながっているため、「浜名湾」と呼ばれることもあります。面積は日本で10 番目の大きさです。ウナギ、ノリ、カキ、スッポンなどの養殖が盛んです。

泊まる所

『浜名湖観光ホテル 開春楼』

※和室(畳の部屋)に宿泊します。男女別に定員(5〜6 人)利用の予定です。
※同行するスタッフ(トムソーヤクラブリーダー)も、隣り合う部屋に宿泊します。
※「開春楼」は日本旅行の契約旅館。客室41室、収容250 人、大浴場、会議室などが整っています。

参加対象

小学校1年生〜6年生の男女29人

※参加者の内訳(地域別)
参加者の内訳(地域別)

※参加者の内訳(学年別)
参加者の内訳(学年別)

指導・協力 NPO法人はまなこ里海の会