お客様の声

参加してよかった!
ツアーに参加した子供たち、保護者の皆様の声を紹介します。

お客様の声

夏休みはいろいろな体験をさせたいと思い参加させました。
私立小学校に通学しているので、夏休みは学校の友だちと遊ぶ機会はほとんどありません。母親も働いているため、夏休みはいろいろな体験をさせたいと思い参加させました。(小3女子保護者)
親とはなれるのも初めて。元気に過ごしてほしいです。
キャンプも初めて、親とはなれるのも初めてですが、本人はとても楽しみにしています。元気に過ごしてほしいです。(小2女子保護者)

続きを見る

お客様の声

≪参加者の絵日記から≫
◆今日、一番たのしかったのはカレーライスつくりです。まきわりはさいしょできなそうだったけど、うまくできました。はんの友だちともなかよくなれました。ニンジンを切るときいろんなかたちのニンジンを切りました。きゅうりとトマトも切りました。みんなでつくったカレーはすごくおいしかったです。(小学3年生・男の子)
◆一番楽しかったことは、カレー作りです。火がもえるまですごく時間がかかったけど、ごはんもこげてなくて、カレーもおいしかったです。またつくりたいです。(小学4年生・女の子)
◆同じ班のみんなで一緒に協力してカレーとサラダを作ることができて楽しかった♪すこし水っぽいカレーになっちゃったけど、みんなでおいしく完食しました!(小学6年生・女の子)

======
グループのみんなで力を合わせて、作ったカレーライスは一味違うよね!

「いっしょに料理をつくる」という体験は、協調性を養い、達成感を味わう事ができますから、キャンプの活動の中でも特に重要だと考えています。つくる回を重ねる毎に役割分担がスムーズに、グループ毎の工夫や色ができてきます。 (事務局)

続きを見る

お客様の声

≪参加者の絵日記から≫
トムソーヤクラブのキャンプは初めてなので、友だちができるか、とか、色々心配でした。でも、さーちゃんにあって、とっても仲良くなれました。好きなことも同じで、気が合うし、とてもやさしい子なので、もっともっといっしょに遊びたいです。(小4年・女子)

======
ひとりで参加している方が多いです(半数以上)。緊張や不安も、キャンプが始まると自然にやわらぐようです。打ち解けるまでの時間はあまりかかりません。なかなか馴染めない参加者にはリーダーがそっとサポートします。 (事務局)

続きを見る

お客様の声


これまで「スキー体験」に参加いただいた方の「きっかけ・動機」をご紹介します。
=============
スキーをやってみたかったから
スキーがうまくなりたい
自己流で滑っているので基本を学びたい。

新しい友だちをつくりたい
お友だちをたくさん作りたい
とても楽しかったので前回に続いての参加します。

チャレンジ精神を養ってほしい
人との助け合い、ふれあいを大切にしてもらいたい。
=============
スキー以外への期待も大きいのが特徴でしょうか。
家庭を離れて過ごす特別な時間の中で、いろんな気づき・学びができる場をつくっていきたいです。
◇ ひ ◇

続きを見る

お客様の声

スキー板を片足だけつけて滑る
片足すべり

写真は「片足ずつスキー板を履いて歩く、滑る」練習の様子。
冬休みに「初めてスキーを体験した参加者」の感想をご紹介します。
―――
●はじめてスキーをしました。とまったり、まがったり、まっすぐいったりでき、なんとジャンプもできました。とても楽しかったです。(小3)
●今日は初めてスキーをしました。ハの字に開いたり、スキー板を平行にしてすべったり、急ブレーキをかけられるようになりました。もっと上手になりたいです。(小4)
●はじめてスキーをして、なんどもころんでしまった。はじめはこわかったけど、楽しかった。リーダーが教えてくれたり、助けて(起こして)くれたりした。(小2)
―――
何度も転んで、立ち上がる、歩くといった板に慣れるまでが最初のステップです。そして、上達への近道でもあります。
地味で面白みがすくないところですが、斜面に出る前にしっかり練習します。
緊張や不安をほぐしつつ、楽しんでもらおうと、慣れてきたらスキー板を履いたままの「鬼ごっこ」が私のレッスンメニューです。(鬼役はつらいですけど)

◇ ひ ◇

続きを見る

お客様の声

2017年夏に行った参加者アンケートでは、80%の保護者から
「キャンプに参加して、お子様の変化・成長を感じられた」と回答いただきました。

◆「ひとりっこ」でマイペースな子ですが、キャンプでは、自ら進んで手伝いができたり、年下の子の面倒を見ていたり、親がいない所では考えて動けるのだと思いました。

◆自分の気持ちをハッキリ伝えるようになり、自信もついてきたようにみえます。

◆少しですが、自分のことを自分で進んでやるようになりました。

一例ですが、このような声をいただきました。
キャンプに参加する動機も「主体性」「協調性」「自立・自律」というキーワードが多いです。個人差はあるものの、親元を離れ初めて出会う仲間と過ごす数日間が、少なからずお子様に影響していることを実感できる結果となりました。
今年もたくさんの体験をできる場をつくっていきたいと思います。

◇ ひ ◇

続きを見る

お客様の声(事務局ブログへ)

PAGE TOP